コスパ良し! Anker Soundcore Life Q30プチレビュー

先日発売になったAnker Soundcore Life Q30
運良く20%OFFで買えたので、気になる方への参考になればと、久々にプチレビュー。

仕様について

前モデルのQ20との比較表。
大きく変わったのは充電端子がMicroUSBからType-Cになったのと、専用アプリでいろいろ出来るって点ですかね。

専用アプリについて

とてもシンプルで使いやすいです。
イコライザーは自分でカスタムも出来ますが、結構な数のプリセットがあるので、カスタムするまでもないかな。
早速、FWのアップデートも来ていました。

ノイズキャンセリングは場所に合わせて3つのモードが用意されています。
それぞれの場所にあったノイキャンとなるようですが、外出自粛のため外で試してないです。
外音取り込みモードもあるので、ヘッドホンを外さず外部の音を聞くことが出来ます。
ノイキャンのモードはアプリからのみ設定となりますが、それ以外はヘッドホン本体のボタンからも変更できます。
外音取り込みモードへはヘッドホンの右側を手で塞ぐだけでも移行できます。

音質について

オーバーイヤー型のヘッドホンはここ何年も使っていないので、AirPodsProやBOSEのQuietControl 30 wireless headphonesとの比較となるので、あまり参考にならないかも知れません。
でも、重低音やボーカルの声がしっかり聞き取れ、「いい音だ」と実感することが出来ました。
アプリでイコライザーを変更すると、また違った印象の音質になるのも良いです。
高級なヘッドホンと比べると価格相応なのかもしれませんが、自分にはこれで十分かなと思えるレベルです。

ノイズキャンセリングについて

AirPodsProやBOSEのQuietControl 30との比較。
音楽をかけず、ノイキャンだけ効かせた状態で確認してみました。結果は・・・

AirPodsPro = QuietControl 30 > Soundcore Life Q30

インイヤー型と比較するってのもちょっと乱暴かなと思いましたが、雑音はAirPodsProやQuietControl30の方が消えていました。
でも、音楽をかければ、没頭できるのはすべての機種で言えることだと思います。
この辺はQ20を持っている人の比較レビューが聞いてみたいところ。

お気に入り

アプリにスリープモードなるものがあり、これを使ってみたらとても(・∀・)イイ!!

要は、寝る前などリラックスしたいときにヒーリングサウンドを聴けるというもの。
雨音、たき火の爆ぜる音、小鳥のさえずり、波の音・・・
これらをミックスすることも出来るので、オリジナルのヒーリングサウンドを作れます。
在宅ワークでイライラしているときなどにも活用してみようと思います。

まとめ

これだけの機能があって、キャリングケースも付いていて価格は1万円を切っているので、コスパ的には最高だと思います。
音質については詳しい人からの話を聞いてみたいところではあります。
バッテリーも40時間持つので、たまにある出社時にも使ってみようと思います。

コメント