Hiroiro

場末なサイト

行けなさそうで行けるインドの踏切

スポンサーリンク


警報が鳴ってもなかなか遮断機が下りてこない、下りても上がったりとタイミングが難しいインドの踏切。
みんな慣れているせいか、ガンガン進みます。
上がったまま電車が来ちゃんだろうな・・・と思いながら見ていたら予想と違ったw

コメント1件252

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 清沢哲夫(のちの暁烏哲夫)氏の詩「道」
    この詩は、初出「同帰」第335号(昭和26年10月1日発行)。

    「この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 
    踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」 

    ゴーン!

コメントをどうぞ

*

Return Top