Hiroiro

everyday is Fun!

紀伊半島へ1612kmの旅。”パンダの赤ちゃん”と”せんとくん”と

スポンサーリンク

IMG_0390  

子供の休みに合わせて11/3~6で去年に続き紀伊半島へ遊びに行ってきました。
今回はバイクではなく、家族旅行なのでデリカで行ってきました。
とても楽しい4日間でした。
紀州を再度訪れて、改めて感じたのが、自然の豊かさと歴史です。
関東地方とは全然違った雰囲気も好きです。
子供達も楽しんでくれたようで、高速をぶっ飛ばして行った甲斐がありました。
良い写真もたくさん撮れましたので、気になる方は続きより。

1日目

JR+レンタカーでの旅行も考えましたが、予算の関係から自力での旅となりました。
まずは、東名+名神+阪和 という気が遠くなりそうな距離を走りました。
和歌山には3日の12時頃到着。
せっかく和歌山入りしたので、和歌山ラーメンを食べようと駅前へ行ったのですが、どのお店も祝日でお休み。ガソリンスタンドでやっているお店がないか聞いてみましたが、無いとのこと。
地元の方は食べないのか??
ラーメンに時間をとられると本日の予定に影響してしまうので、PAで和歌山ラーメン+鯖松前寿司を食べました。
IMG_0364 
味の方はまぁまぁかな。鯖寿司はうまかった。
暴れん坊将軍の育った城で有名な和歌山城をちらっと見て一路、白浜へ。

15時過ぎに三段壁に到着。
IMG_0366 
おー、凄いなぁ。さすが名勝。
向こう側の崖にも歩いて行くことができて自然の凄さを体験できました。
IMG_0369 
対岸から。
自殺の名所らしく、ところどころに「はやまるな」の看板が。
下をのぞいて見たけどボクにはここから飛び降りる勇気はない。。。
有料のエレベーターを使って下まで降りることもできます。
ここには熊野水軍の基地があったようです。
image11-3-1

次に行ったのが千畳敷。まぁ、お決まりコースですね。
image11-3-2
こちらもすばらしい景観。
天気も良く、夕焼けがとてもきれいでした。

IMG_0377  
ただし、もろい地質なので、落書きがひどい!!!!

image11-3-3 
もろいだけにいつかは消えることから罪悪感もないのかなぁ。
本当に腹立たしい。
目線はなるべく遠目、写真は足下を写さないように・・・

日も落ちてきたところで、本日の締めの円月島。
IMG_0391 
真ん中に開いている穴から夕日が見えれば・・・と観光客がシャッターチャンスをうかがう。
なんとなく連帯感のようなものが生まれて面白かった。
この日は微妙に雲が多く、バッチリ入らなかったけど、みんなで譲り合って撮った写真がこれ。
IMG_0392 
入ってないかなぁ。

ということで、1日が終わりました。
宿泊は白浜海岸近くのホテル三楽荘
決め手は全室オーシャンビューとアドベンチャーワールド入場チケット付きのプランがあったから。
ホテル自体はそれほど新しくなかったですが、広いお部屋できれいでした。
オーシャンビューはこんな感じです。
IMG_0407
お料理もほどよくおなかいっぱいになりましたが、それほどご当地ものにこだわったものはなくありきたりといったところ。
まぁ、宿泊料金もそれほどお高くなかったので、許容範囲です。
また、従業員は中国の方が多かったですが、とても親切で明るく下手な日本人よりも対応が良いかなと思いました。
現在、中国とは険悪な関係となっていますが、日本でまじめに働く中国人にとってはたまったもんじゃないと思いました。
で、三大温泉地のひとつの白浜温泉はと言うと、なかなかよかったです。
ホテルには露天はなかったですが、いろいろなお風呂があり、楽しめました。

2日目

朝の白浜海岸をお散歩。朝日が当たって白い砂浜がいっそう白くなってとてもきれい。
IMG_0409 

砂浜は業者の人が足跡や穴、砂山などをならして景観を保っていました。
こんなところで海水浴なんて贅沢だなぁ。
海もとてもきれいで魚が泳いでいます。

きれいな海岸に後ろ髪を引かれつつ、本日のメインイベントのアドベンチャーワールドへ。
ここにはパンダがいます。(今現在日本では2園だけ)
しかも双子のパンダが生まれたばかりで、ちょっとした祭りになっています。
平日ながら混雑を覚悟して見に行ったところ、それなりに混んでいましたが、上野動物園の混み具合に比べたらなんてことないです。
で、パンダの赤ちゃん。
image11-4-1
これは萌える。
まだ生まれて間もないので1日数十分の2回だけの公開だけあって、この時間になると園内の人たちが集まります。大人のパンダは見放題。これは贅沢。
上野動物園では大人のパンダさえ、ガラス越しで移動しながらの見学。
記念撮影なんてできないですが、アドベンチャーワールドなら、

IMG_0426 IMG_0437

こんな感じで撮れます。むしろ撮り放題。パンダもたくさん動いてくれてサービス精神旺盛。
上野動物園みたいに歩きながらの見学じゃないので、好きなだけ見ていられます。
結局ボク達は30分ぐらいは見ていました。

上野動物園も来年あたりに中国から年間1億円でレンタルするみたいですが、前のような見学方式だったら無理して迎えなくても良いような気がします。少し大変ですが、ここに来れば見られるので。

という感じで、ほとんどパンダばかりを見ていましたが、そのほかにもたくさんの動物や乗り物もあって一日では全部回れないぐらい。
んで、自分用に買ったお土産はパンダのふわふわクッション。
IMG_0486 
感触が良くて気持ちいい!

結局、15時ぐらいまでここで遊んでました。
本日のお泊まりは那智勝浦なので、3時間ぐらいのドライブ。
美しい海岸線をドライブ。車の量も少なくスイスイ。

IMG_0443
途中の夕焼けをパチリ。

串本の橋杭岩も見てきました。

IMG_0444

微妙ですが、橋杭岩ですw
日もすっかり落ちていましたが、ライトアップされていて幻想的な雰囲気でした。

本日のお泊まりは湯快リゾート 越之湯 です。
お部屋からは海を一望でき、あちこちに宿の光があり、とてもきれいでした。
かみさんは千と千尋の神隠しの一場面のようだと言っていました。
温泉は少し硫黄臭のするとても気持ちいいお湯でした。
夕食は勝浦漁港で取れたマグロの食べ放題でした。
その他の料理も美味しく満足。

3日目

朝早く起きて宿泊プランに入れた勝浦漁港でのマグロ競り市見学ツアーに行きました。
1000円プラスするだけで、漁港の雰囲気を味わえるお得なツアー。
6時半についたときは既にマグロがずらっと並んでいました。
IMG_0447 IMG_0448
漁港の職員の方がマグロについていろいろと説明してくださり、マグロについて理解が深まりました。ちょっとした疑問にも答えてくれたり、写真を撮ってくれたり楽しかったです。

朝食からマグロ丼を食べて、向かったのは世界遺産・熊野古道。
たくさんある熊野古道から選んだのは有名な大門坂
IMG_0451
30分ほど歩いて熊野那智大社→那智の滝を見るルートです。

IMG_0452 
熊野古道の多くは石段でかなりきつい。
3才の息子も最初は勢いよく登っていましたが、すぐに抱っこー。
何とか歩いてもらいたかったので、手をつないで登り切りました。
那智大社までの階段もハンパじゃなく、着くまでに子供はすっかり意気消沈。
IMG_0453 
やっと着 いた那智大社はとてもまぶしく、眺めも最高でした。
サッカー日本代表のシンボルマークの八咫烏さんもいました。

ここから臨む那智の滝はとても神々しい。
image11-5-1

近くによると
image11-5-2

さすがに日本一の滝。
これで日本三大名瀑(華厳の滝・袋田の滝・那智の滝)をクリア。
那智の名水で作ったお酒をお土産に買って、次なる目的地へ。

去年も行った丸山千枚田に向かいました。
かみさんにどうしても見せたかったんですよね。
IMG_0455 IMG_0456

夕焼けが当たる棚田がとてもきれいで、昔話の一場面のようでした。
ボーッと棚田を見ていたら一人のおじさんが下から登ってきました。
かみさんが声をかけたらそのおじさんは毎日の日課で登ってきているらしい。
僕らには贅沢なこの光景も地元の方からしてみれば普通。羨ましい。

で、本日のお泊まりは龍神温泉の民宿 せせらぎ
ここからは50キロぐらいあり、道も険しく途中あおられながらも19時前には到着しました。
日本三美人の湯の一つの龍神温泉。水がヌルヌルしていてとてもやさしい。
平日の民宿だったので、お客はボク達だけ。温泉を独り占め。これも贅沢。
ここの宿のお目当ては夕食の郷土料理。
近くの川で捕れた魚やもずく蟹、鹿肉のステーキ、松茸ご飯。
締めは松茸の土瓶蒸し。自家製の梅酒もいただき、この旅最高のお食事でした。

4日目

最終日。龍神スカイラインを紅葉を見ながら駆け上がる。
 IMG_0463IMG_0462  

バイクもたくさんいてかなり賑わっていました。
IMG_0476

龍神スカイラインを登った先には高野山があるのですが、混んでいて車を止めることができなかったのでスルーしました。
で、向かった先は我らのせんとくんがいる平城宮跡。
平城遷都1300年祭が11/7までだったので、記念に行きました。
マニアックな祭りなのでどうなんだろうと思いましたが、凄い人混み。
IMG_0480
時間もあまりなかったので、ざっくりしか見ることができなかったのが残念。
ただ、平城宮跡にあの「せんとく~ん」がこだましていてちょっと笑った。

IMG_0483 IMG_0481
奈良の夕暮れがとてもきれいでした。

で、ここから高速をぶっ飛ばし、翌日の2時に自宅へ到着。
今回の旅行の走行距離は
IMG_0484 
でした。
かなり強行軍でしたが、とても楽しい旅行でした。
現役をリタイアしたあとは和歌山・三重・奈良に住んでみたいと本気で思った旅行でもありました。

amazon タイムセール & お買いモノ情報

コメントをどうぞ

*

Return Top